主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅

【RVパーク】七里川(千葉県)

投稿日:2020年10月23日 更新日:

千葉旅でお世話になったのがこちらのRVパーク七里川です。このRVパークは千葉県の山の中にあり、サイトによってはテントも張れるし、エアコンの付いた部屋に泊まることも出来ます。RVパークの目の前には温泉もあり結構、至れり尽くせりな場所となっています。

千葉県=海ってイメージだったのですが、ここに泊まって千葉県のイメージが崩れました。今回はそんな山の魅力あふれるRVパーク・七里川の紹介記事となります。

↓千葉旅・前後半の記事

目次

RVパーク詳細

1.場所

〒292-0537

千葉県君津市黄和田畑920

2.予約方法

下記のサイトにて当日の12時まで予約が可能。当日の12時を過ぎてもサイトが空いており、電話予約であれば可能との事です。(但しあまり遅い時間では対応しかねるとの事)

RVパーク七里川・予約サイト

予約日当日はRVパークに着いたら担当の方へ電話し、数分で担当の方がいらっしゃいます。一通りパーク内の説明と代金を支払って利用開始となります。

3.利用料金と利用出来るモノ

〇利用料金

↑第1サイト
(写真ではNo.1が見えないですが左からNo.1~5)

まず大きくサイトが2つあり、第1サイトと第1サイトの下に第2サイトがあります。第1サイトの両サイド(No.1と5)は3畳程のタープを張るスペースが料金は¥2,500です。残りのNo.2、3、4は普通のRVパークと同じ感じで¥2,000となります。

↑第2サイト
(左からA~H)

第2サイトは全て¥3,000となり、4畳程のタープなどが張れるスペースがあります。なのでRVパークでありながらオートキャンプも楽しめてしまう珍しい場所となっています。

・利用料金まとめ

  • 第1サイト(上側)
    • No.1・5…¥2,500
      (3畳程度のタープなどが張れる)
    • No.2・3・4…¥2,000
  • 第2サイト(下側)
    • A~Hの8ヵ所…¥3,000
      (4畳程度のタープなどが張れる)

〇利用出来るモノ

↑第1サイト内・建物

各サイト内に建物があり、その中にトイレや流し台などがあります。第1サイトしか利用していないので第1サイトの事しか言えませんが、トイレは男性トイレ2つ、女性トイレが1つあります。

↑第1サイト・建物内トイレ

建物内には他にエアコン付き15畳の貸部屋が1日¥3,000(平日は¥2,000)で囲炉裏付き7.5畳の貸部屋が¥2,000(平日は1,000)で借りる事が出来ます。車中泊が苦手な方やキャンピングカーなどを持ってなくてもなくても色々と楽しめそうですね。

↑エアコン付き貸部屋

他にはビンや缶などのゴミは建物内外にゴミ箱があり無料で処分出来ます。生ゴミは1袋¥100となり可燃ごみは有料です。その他、電源は利用料金に含まれているので無料、発電機の使用はOK、ペットの同伴もOKとなります。

・利用出来るモノまとめ

  • 無料
    • 24時間トイレ(ウォシュレット付き)
    • 水道(流し場)
    • 電源(利用料金に含まれる)
    • ビンや空き缶の処理
    • 電子レンジ(建物内にあり)
  • 有料
    • 生ゴミ処理(1袋¥100)
    • エアコン付き貸部屋(1日¥3,000・平日¥2,000)
    • 囲炉裏付き貸部屋(1日¥2,000・平日¥1,000)
    • 冷蔵庫(建物内にあり・1日¥100)


公式サイトはこちらから

4.周辺情報

↑七里川温泉

第1サイトの目の前には「七里川温泉」があります。第2サイトからでも第1サイトへつながる階段があり、車をRVパークにおいて七里川温泉へ行けます。温泉の駐車場もありますが、温泉に泊まるお客さんもいらっしゃいますのでRVパークを利用するなら、RVパークに車を停めて行く方が良いか思います。

七里川温泉はRVパークとは別運営となっていますがRVパーク七里川を利用している事を伝えると1回の入浴料金でその日に何度でも入れるとの事です。温泉は源泉かけ流しで泉質は硫黄泉。内風呂と露天風呂の2つがあります。

その他、周辺にはコンビニなどはありません。1番近いコンビニはRVパークから車で約15分の所にあります。なので食材などは行く前に購入して行った方が良いでしょう。

観光地は鴨川シーワールドまでが車で約25分程、マザー牧場までが車で約40分程となっており、わりと有名な観光地もここからならそんなに遠くないので泊まりながら千葉県を観光するならこちらはオススメです。

〇周辺情報まとめ

  • 【入浴施設】
    • 七里川温泉:30秒
      • 料金:大人¥880・子供¥440
        (RVパーク七里川を利用してる事を伝えれば1回の料金でその日は何度でも入れる)
      • 入浴時間:9:00~22:00
      • 定休日:第1、3水曜日
  • 【コンビニ・最短地】
    ミニストップ 君津笹店:車で約15分
  • 【ガソリンスタンド・最短地】
    出光 平山町SS:車で約17分
  • 【観光地】
    • 亀山湖:車で約5分
    • 濃溝の滝:車で約15分
    • 養老渓谷:車で約15分
    • 鴨川シーワールド:車で約25分
    • マザー牧場:車で約40分
    • 鋸山 山麓駅:車で約1時間

利用しての感想

↑第1サイトから見える景色

個人的なイメージでは千葉県は海の県だと思ってたのですが、このRVパークでは千葉県でありながら自然を堪能出来ます。山の中にある感じなので車の通りもほとんどありません。目の前には温泉もあるし、非常にゆったりと静かな時間が楽しめます。

その分、夜間は街灯もないので真っ暗になりますが、パーク内の建物に近づくと照明がつく仕組みになっているので夜中にトイレ行く時でも懐中電灯など持って行く必要ありません。その点は何気に便利かと思いました。

↑無料で使える電子レンジ

また有料ではありますが冷蔵庫や電子レンジ(無料)、囲炉裏がある貸部屋があるし、テントやタープが張れるサイトもあるので幅広い層に受け入れられるところだと感じました。RVパークというよりは色々と融通が効くオートキャンプ場と言った方が良いかも知れませんね。

↑建物内・水道(流し場)

個人的には自販機があれば最高だったかなと思いました。まぁ、来る前に買ってくればいいだけではあるのですが、急に缶コーヒーを飲みたくなったりするじゃないですか…。気軽に飲み物を買いに行けないのはちょっとデメリットかと思います。

その他、注意点としてこちら来る場合、県道81号清澄養老ライン(地図の下側の道)は非常に狭い道が多く、普通車でギリギリ通れるか通れないかの道があり結構、危険です。国道465号側から(地図の上側)から行くことをオススメします。

泊まった次の日にこの清澄養老ラインで鴨川方面へ行こうと思ったのですが、道が狭くてヒヤヒヤしました。軽キャンパーで何とか行けた感じだったので、普通車サイズでこの道を運転するのは自分には無理だなと思いました…。

〇利用しての感想まとめ

  • 千葉県で自然を楽しめる場所
  • 温泉もあり、ゆったりと静かな時間が楽しめる
  • 夜間は真っ暗だが、建物に近くと照明がつくので懐中電灯を使わなくて良いのが何気に便利
  • RVパークというより融通の効くオートキャンプ場
  • 個人的には自販機が無いのが残念
  • 鴨川側から清澄養老ラインを使ってここへ来るのはオススメ出来ない(道が狭い為)

まとめ

RVパークは今まで道の駅に併設されていたモノしか利用した事がなかったから、ここは新鮮でした。道の駅のRVパークだとやはり車の出入りの音が気になるし、なかなか寝付けないんですよね…。

その点、ここは本当に静かでキャンプ場にいる様な感覚です。RVパーク以外にもオートキャンプ場としても、宿泊施設としても利用出来るので色々な用途で利用出来る場所です。

なので個人的にはまた来たいRVパークです。今回は単純に車中泊として利用させてもらいましたが、次回はまた別の目的でリピートしたいですね。

スカイツアーズ

スカイツアーズ

-キャンプ・旅
-, ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.