主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅

【旅】千葉県の海岸線をまわる(後編)

投稿日:

千葉県は海も楽しめて山も楽しめるとても良い県だと改めて思いました。山の中にあるRVパーク七里川で1泊し、山道を通って鴨川方面の海岸線沿いに戻ります。山を降ることになるのですが、なかなか険しい道でしたね…。清澄養老ラインは「酷道」好きの方には良いかもしれません。

↓RVパーク・七里川の記事

今回は主に千葉旅2日目に訪れた道の駅や観光地などの紹介記事となります。場所的には1日目の野島崎周辺から九十九里までとなっています。よろしければ先に前半の記事を見てもらえると良いかと思います。

↓前半の記事

目次

  1. 道の駅
    1. ちくら潮風王国
    2. 和田浦WA・O
    3. 海の駅・九十九里
  2. かつうら海中公園海中展望塔
  3. 月の沙漠記念公園と月の沙漠記念館
  4. 太東埼灯台展望台
  5. 九十九里ビーチタワー
  6. オススメできない・濃溝の滝
  7. まとめ

1.道の駅

①ちくら潮風王国

↑道の駅・ちくら潮風王国入口

野島崎灯台から車で約15分程の道の駅。平日の午後に行きましたが、割と利用者は少ない感じです。こちらはトイレや売店がある建物と公園が一緒になっている珍しい道の駅です。またすぐ側に海岸がありますが現在は海岸は降りれないとの事。ですがやはり景色はキレイで公園で潮風を感じながらまったり出来る道の駅ですね。

↑漁船・第一千倉丸

道の駅内に漁船・第一千倉丸が展示されており、無料で見ることができます。また操舵室も道の駅の営業時間内だと見れるとの事です。その他、海の幸の直売所がありその場でも食べれる様です。なかなか見応えのある道の駅となっています。

〇場所

〒295-0025

千葉県南房総市千倉町千田1051

道の駅 ちくら潮風王国・公式サイト

②和田浦WA・O

↑和田浦WA・O

道の駅・ちくら潮風王国から車で約25分。こちらの道の駅の特徴としてはなんと言っても「クジラ」ですね。自分もクジラが目的で行きました。この周辺(和田)には日本で4ヵ所しかない捕鯨基地・和田漁港があるそうで、クジラ料理のお店が多く存在します。

↑シロナガスクジラの全身骨格

道の駅の隣にはクジラの資料館がありシロナガスクジラの骨格が目印ですね。平日の午後に行きましたがこちらは若干、混んでいる感じです。他にや直売所やクジラ関連の加工食品の販売、レストランなどがあり、テイクアウトコーナーではクジラコロッケやクジラまんが楽しめます。

↑クジラの燻製

自分はこちらで夜のつまみにクジラの燻製を購入しました。クジラは結構、脂っこいイメージだったんですが思ってたよりかは脂っこくなかったですね…。ビールには最高でした。クジラ料理が好きな方はこちら道の駅へ行って見てはいかがでしょうか?

〇場所

〒299-2703

千葉県南房総市和田町仁我浦243

道の駅 和田浦WA・O 公式サイト

③海の駅・九十九里

↑海の駅・九十九里

九十九里ビーチタワーから車で約8分。こちら平日の昼時に行ったのですがやはり混んでいました。九十九里浜のちょうど真ん中辺りに位置するのでこちらからの景色はキレイですね。見学するだけでも行く価値はあるかと思いました。

こちらは2階建ての建物で1階が海の幸の直売所やイワシの資料館、2階がフードコートとなっており、とてもにぎわっている感じです。2階のフードコートから建物の外のウッドデッキに行け、九十九里浜を眺めながら食事が出来ます。その分、昼時は混む感じですね。

〇場所

〒283-0102

千葉県山武郡九十九里町小関2347-98

海の駅 九十九里・公式サイト

2.かつうら海中公園海中展望塔

↑海中展望塔・入口

RVパーク・七里川から車で約40分。こちらは海の博物館が近くにあり、こちらに有料駐車場(2時間¥200)があります。無料駐車場はなさそうなので、海中展望塔に行く場合もこちら駐車することになると思います。

↑海中公園内・浜辺からの海中展望塔

海中公園と言っても海の中にある訳ではありません。海に面した浜辺があり、こちらは夏などは遊泳が出来るとの事です。海中展望塔は公園内に観覧券売場があり、そちらでチケットを購入(大人¥980)して入場します。チケットはその日の海象状況(海の透明度)によって値段が変わります。見えづらければ割引となります。

↑海中展望

展望塔の海中展望室は水深8mとなっており、魚や海底の様子がうかがえます。自分が行った時はあまり海が透き通ってなかったので海底は見えず、近くの魚しか見えない感じでした。海中展望室に飾ってある資料では結構、色々な魚が見れるとの事です。また海上にも展望室がありこちらからの眺めもキレイです。

自分は時間がなく行けませんでしたが、周辺に博物館や資料館などもあるので、駐車料金を払うならその辺も一緒に回って見ると良いでしょう。

〇場所

〒299-5242

千葉県勝浦市吉尾174

かつうら海中公園海中展望塔・公式サイト

スカイツアーズ

スカイツアーズ

3.月の沙漠記念公園と月の沙漠記念館

↑月の沙漠記念館公園

かつうら海中公園海中展望塔から車で約18分。こちらは近くに無料駐車場(夏のシーズン中は有料)がありそちらに車を駐車して行きました。海岸線にあり、自分が行った時はサーファーが多かったですね。

↑公園内・月のオブジェ

月の沙漠=砂浜の公園なんですが海も見えてこれはこれでキレイでした。ビーチバレーのネットなどがあり、普通に海に遊びに行くつもりでここへ来ても楽しめそうです。

↑月の沙漠記念像

公園内には童謡「月の沙漠」に出てくるラクダに乗った王子と姫の銅像があります。公園から徒歩2分程の所に「月の沙漠記念館」があります。こちらは拝観料大人¥400。月の沙漠の作詞をした詩人「加藤まさを」さんの記念館となっています。

↑月の沙漠記念館

館内には「加藤まさを」さんの作品や月の沙漠に関する資料などが展示されています。自分も音楽をやっている人間なんで気になって行ってみました。手書きの譜面なども展示されています。もし行くのであれば順番として記念館で月の沙漠の知識をつけてから公園の方へ行くことをオススメします。なお記念館には20台程の専用駐車場があります。

〇場所

〒299-5103

千葉県夷隅郡御宿町新町816-8(記念公園)

月の沙漠記念館・御宿町HP

4.太東埼灯台展望台

↑太東埼灯台

月の沙漠記念公園から車で約30分。こちらは展望台と言うだけあって景色がキレイです。すぐ近くには太東埼灯台がありますが、こちらの灯台には登れずまた周囲も立ち入り禁止となっています。ですので灯台はあくまでオマケで展望台からの景色を見に行くには良い所でしょう。

↑展示台から見える景色

展望台には6台分の駐車スペースがあり、トイレと売店があります。ちょっと散策出来る位の広さがあるので、九十九里浜や夷隅川河口などが見れます。何より高台なのでそこに立つだけでも気持ちの良い場所ではあります。

但し注意点が1つ。高台に登って行くのでここへ行く道は傾斜のキツい坂道である事とかなり道が狭いです。車が1台通れるか位の幅しかありませんので車で行く時は注意して運転した方良いですね。

〇場所

〒299-4503

千葉県いすみ市岬町和泉

5.九十九里ビーチタワー

↑九十九里ビーチタワー

太東埼灯台展望台から車で約35分。九十九里浜にある展望タワーです。と言ってもタワーと言える程、高くはないです。一応、高い位置から九十九里浜が眺められる点では観光地としてアリかなと個人的には思います。

↑タワーからの眺望

こちらはタワーの近くに700台程停められるシーズンオフ時は無料駐車場があります。こちらに車を停めてタワーを見に来たのですがタワーはオマケみたいなモノです。どちらかと言うと無料駐車場に停めて九十九里浜を散策するのが良いでしょう。

浜辺でゆったりと海を眺めるにはとても良い場所かと思います。シーズンオフ時は人もそんなにいないので個人的には結構、オススメの場所です。

〇場所

〒283-0113

千葉県山武郡九十九里町不動堂



【JTB】国内旅行

6.オススメできない・濃溝の滝

↑濃溝の滝・入口

実は1日目の最後、RVパークへ行く前に行ったのがこの場所。野島崎灯台から車で約1時間5分程。滝なので当然、山の中にあります。こちらは専用の無料駐車場やお土産屋などもある、しっかりとした観光地ではあるのですが、個人的には行かなくてもよかったなぁと思っています。

っと言うのも滝の近くまでは行けず、滝の勢いも迫力がありません。ここへ行くのであれば個人的には他の観光地へ行った方が良い様に思いました。滝を期待して行くとちょっとないかなと思うと思います。

↑濃溝の滝・案内板

ただこちらは自然の中に木道がありホタルの生息地である為、時間帯によっては普段見られない光景が見れるかも知れません。また滝の近くに洞窟があるのですがこちらに日の光が差し込んでハート型になるとのこと。

自分が行ったのが日が沈みかけていた時間帯だったので残念に感じたのかも知れません。タイミングさえ合えばとても良い観光地なのかも知れませんね…。

〇場所

〒292-0526

千葉県君津市笹1954

まとめ

2泊3日で千葉県の下側半分の海岸線を回って見て思ったことは「海はいいねぇ〜」ってことですね。同じ太平洋を見ているのですが、その場でしか見えない景色があり色々と回りたくなります。

旅の最初は海ばかりで飽きてしまうのではないかと思いましたが、全然そんな事はなかったです。仮に海に飽きたとしても千葉県の中に入れば結構な数のキャンプ場もあり、自然も楽しめるめます。

今回はそんなに千葉県の中側に入る事はなかったですが、山の中にも「マザー牧場」などの観光地もあります。千葉県を旅する時は山側をメインに回っても面白いかも知れません。海もあり山の自然も楽しめるが千葉旅の魅力ではないでしょうかね…。

バスのる

高速バス・夜行バスの格安予約
【バスのる.jp】

-キャンプ・旅
-,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.