主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅 グッズ

【キャンプ】ホットサンド最高かよ・・・

投稿日:2019年5月6日 更新日:

今回はホットサンドプレートを紹介します。まさにタイトル通りで挟んで焼くだけで普通のトーストサンドよりこんなに美味しくなるかと自分は驚愕しました。持ってない方は是非、一家に一つ購入した方が良い代物かと思います。

何もキャンプだけで使用する物ではありません。自分も自宅のコンロでしょっちゅう使ってます。色々と種類がありますのでご家庭にあった物を購入すればよい良いかと思います。 

ホットサンドプレートの種類

  1. 直火型
  2. IH対応型
  3. ホットプレート型(電気)

1.直火型

自分が買った物がこの型の物です。ガス火専用と書いてありますがキャンプで直火でもオッケーです。(火加減を調節しないとすぐ焦げます)直火型は値段が他のものに比べて手頃になっています。自分が買った物は安価なもので¥1,500位です。勿論、直火型でも高いものがありますが全然、機能的には安い物とは変わらないです。デメリットととして両面焼かないといけないのと焼いているうちは火の側を離れられないくらいですかね。

最初から半分に作る物やしっかりとパンの耳をサンドする物、焼印がつく物など自分の好みにあった物を購入したら良いと思います。自分は安さとホットサンドを自らカットしたかったので上記の物を選びました。

2.IH対応型

そのままの意味ですがIHに対応したホットサンドプレートです。こちらは直火にも対応している物がほとんどですが火にかける側が樹脂加工されているものが多く、直火だと駄目になったります。IH型の物はIHのみで使った方が良いかと思います。メリットデメリットですが、直火型と変わらず。IHに対応している分、値段が若干、高くなります。

自分の感想としてはIHで焼くとどうも焼き加減がイマイチな感じがするのとキャンプで使用したかったので購入するのを辞めました。

3.ホットプレート型(電気)

中がホットプレートになっており、電気を使って焼くホットサンドプレートになります。こちらは両面が同時に焼けたり、スイッチ一つで焼けてしまうのが便利かと思います。中のプレートを変えられるものもありワッフル等も作れたりします。ただ上記の2つに比べると本体が大きく比較的高価、また丸洗い出来ない物が多く手入れが大変です。電力も大体、700〜900Wと高いので車中泊や火の使えないキャンプ場等で使用するのも難しいと思います。

やはり焼き上がりが直火型と比べると今一つな感じなので自分としてはおすすめしません。キャンプ等の外で使わない場合は良いのかもしれません。


まとめ

自分としては直火型をオススメします。家のコンロでも使えるし何より直火で作った方が美味いです。確かにホットプレート型は手軽にホットサンドが作れて便利なのですが、どうも焼き加減が中途半端な感じがして自分は好きにはなれませんでした。やはり料理は手間暇かけた方が美味しくなると思います。ご購入の参考になりましたら幸いです。


おまけ

じゃがいもとコンビーフのホットサンド

じゃがいもを水に15分程つけてからレンジで3分加熱し、じゃがいもを潰してコンビーフと混ぜ、マヨネーズ、塩コショウ、醤油で味をつけてからパンにのせて焼きました。ちょっと形が悪いですが美味しく出来上がりました。

コンビーフと玉ねぎをマヨネーズで混ぜて黒こしょうをふったコンビーフマヨもおすすめです。


ホットサンド作り方

  1. プレートの内側の両面にバターを塗る
  2. パンを両面におく(8枚切りがベター)
  3. パンの片方の上に具材を置く
  4. 挟む
  5. 片面を弱火〜中火で約2分焼く
  6. ひっくり返して弱火〜中火で約2分焼く
  7. 出来上り

※焼いている時に焼き加減を確認して下さい。焼いている時に開けてもホットサンドには影響は出ません。

キャンプ場の予約をするなら【J-outdoor】

-キャンプ・旅, グッズ
-, ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.