主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅 グッズ

【車載冷蔵庫】F40C4TMP

投稿日:2020年2月16日 更新日:

キャンピングカーを購入した時点で車載用の冷蔵庫は絶対買おうと思ってました。キャンプグッズのお店にも行って以前に記事にもしたのですが、どうも色々な意味で丁度良いモノがなかったんですよね…。そう思っている矢先に去年のAmazonのブラックフライデーで定価から30%引きの車載冷蔵庫がありました。

↓過去の車載冷蔵庫の記事

よくわからないメーカーでしたが18ℓとサイズも丁度良かったし何より安かったので購入しました。色々と調べてみると車中泊系Youtuberの中では有名なモノでした。今回はそんな車載冷蔵庫のレビュー記事になります。

スペック

外形幅570×奥行370×高さ285(mm)
庫内幅350×奥行246×高さ204(mm)
重量9.7kg
車載対応電圧DC12V / DC24V
家用対応電圧AC100V~240V 50/60Hz
冷却方法コンプレッサー
設定温度範囲-22℃~10℃
消費電力35W
USBポート5V・2A
ケーブル長さDCシガープラグケーブル:約3.5m
ACアダプターコード:約1.8m
↑画像出典:Amazon商品ページ

内容品

↑付属品
  • 車載冷蔵庫・F40C4TMP本体
  • DCシガープラグケーブル
  • 家庭用ACアダプター
  • 日本語説明書(保証書付き)

使用感

庫内は18ℓと結構広く、500mlのペットボトルが縦置きで18本程入ります。庫内の底は冷えず側面しか冷えないので飲み物は縦置きで置けるものが良いかと思います。但し一部の500mlペットボトル(特殊な形)やちょっと増量しているペットボトルなどは入らないので注意が必要です。

↑画像出典:Amazon商品ページ

さすがに「ENGEL」の車載冷蔵庫と比べると体感ですが底が冷えない分、同じ温度だと「ENGEL」の車載冷蔵庫の方が冷えてる感じがします。ただ冷却スピードは変わらない感じです。気温とかにもよりますが最低温度の-22℃でも大体40分もあれば冷えます。

底が冷えない分は保冷剤を入れておけばカバー出来るかと思います。ただ保冷剤を入れた分、庫内の使えるスペースが狭くなるのでちょっと考えもの。まだ夏場で使ってないのでなんとも言えませんが保冷剤がなくても十分、庫内は冷える感じです。少し温度を下げてやればいいだけの事かと感じました。

またモード選択でエコモードがあり、これはファンの回転数を下げて冷やします。目標の温度に達したら冷却を止め、また庫内の温度が上がったら冷却するモードで省電力、ファンの音も静かな所でも気にならない程度の音。非常に車中泊などの車で使う事を考えた冷蔵庫だなと思いました。

冷蔵庫のフタの上部は飲み物を置く、くぼみがありテーブルがわりにもなります。ポータブルバッテリーと組み合わせる事でキャンプで使用するのも良いかと思います。さらにこの冷蔵庫には操作パネルの下部にUSBポートが1口ついていて、スマホなどの充電やUSB扇風機などを使う事が出来るので外部に持ち出すにはとても良い冷蔵庫かと思いました。

○使用感まとめ

  • 庫内は500mlペットボトルが18本入る広さ
    (特殊な形状など一部入らないものもあり)
  • 庫内の側面しか冷えない
  • 冷却スピードは早く、気温にもよるが最低温度の-22℃でも大体40分程で冷える
  • エコモードがあり省電力でファンの音も静かで車中泊など車で使う事を良く考えられている
  • フタの上記にくぼみがあり、ドリンクホルダーやテーブル代わりになる
  • USBポートが1口付いているのでスマホの充電など出来る

個人的に良かった点

個人的に購入のきっかけになったのは庫内の大きさですね。「ENGEL」は14ℓともうちょい欲しい大きさだったのでその点はこちらを購入して良かったです。18ℓで冷却スピードも早く、エコモードもある車載冷蔵庫って調べたけどこれくらいしかなかったんですよ。

↑現在はサブ冷蔵庫として使っています

価格も自分が買った時は30%引きだったのもありますがACアダプターも一緒に付属していたのも大きいです。「ENGEL」だとDCコネクターしかついておらず、ACアダプターは別売り。本体の価格も約8千円ほど高いのでこちらを選ぶでしょう?

また意外とUSBポートが付いているのは嬉しいですね。冷蔵庫として使いながらスマホも充電出来るし、USB商品も色々と出てるので夏場なら扇風機も使えるしね…。何より軽キャンパーだとUSBポート1口あるかないかなのでその点はこっちで使えるのは良い点かと思います。

○個人的に良かった点まとめ

  • 18ℓの大きさは個人的に丁度よい
    (18ℓの車載冷蔵庫はなかなかない)
  • 冷却スピードが早く、エコモードが付いている
  • 付属品にACアダプターが付いている
  • USBポートがあるのは軽キャンパーで使用するにはありがたい

個人的に悪かった点

2ヵ月程、使ってみて「これは…」っていう悪かった点はないです。強いて言えばですが、やはり庫内の底も冷えればなとは思いました。500mlペットボトルとか縦置き出来る飲み物は側面に付けられるのでよく冷えて良いのですが、それより大きいペットボトルは横置きするしかありません。底も冷えないのでなかなか冷えない感じですね。

これは悪い点というか、こういうのあったらなっていう希望なんですが、2層にして温度を別々に出来たらなとは思います。もちろん大きい車載冷蔵庫にはあったりするのですが、小型のモノではないんですよ。小さくても良いので「冷凍」部分があるとより使いがってがいいんですけどね…。なかなか難しいです。

そもそもちゃんとしたキャンピングカーには90ℓくらいの冷蔵庫ついているのでわざわざ大型の車載冷蔵庫は買わないと思うんですけどね…。

○個人的に悪かった点まとめ

  • これといって特にはないが、強いて言えば庫内の底が冷えない
  • 2ℓペットボトルなどは横置きするしかないので、なかなか冷えない

まとめ

この大きさなら軽の車でも1席つぶれるくらいなのでそれ程、邪魔にならないと思います。モノにもよりますが飲み物も入れて2日分程の食料なら冷やして保存出来る大きさです。エコモードもついていて車内で寝る時も気にならないくらいの音なので車中泊にはとても良いとと思いました。

価格は2020年2月16日現在で大体、約2.5万円です。軽キャンパーで使用されてる「ENGEL」の車載冷蔵庫は14ℓでACアダプターは付いておらず約3.3万円くらいなので個人的に言わせてもらえるならばコチラを買った方が良い様に思います。

同等の大きさの中では現在、トップクラスの車載冷蔵庫です。車載冷蔵庫の購入を考えている方は是非、チェックしてみて下さい。

※2020年8月4日追記

この車載冷蔵庫専用の収納袋が販売された様です。普通に運ぶ時は両手が塞がってしまいますが、この袋を使えば肩に背負うことも出来るので便利かと思います。

また袋の内側は断熱・防水となっており、冷却効果もアップし更に夏場などの暑い日は1度電源を落とすと外側が結構、結露するのでその対策としても良いですね。

ただ値段が¥5,500(2020年8月4日現在)と袋としては高いのがネックです…。自分も購入するか検討中です。



話題の車中泊グッズなら車中泊専門店におまかせ!

-キャンプ・旅, グッズ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.