主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅

道の駅って車中泊していいの?

投稿日:

昨今、キャンピングカーやキャンピングカー仕様の車の需要が増え旅をするにも寝泊まりは車中泊で済ませて、旅費を浮かせるスタイルが増えてきています。自分もその目的でキャンピングカーを購入しました。

車中泊が出来る場所として道の駅がありますが場所によっては「車中泊禁止」としている道の駅も少なくありません。これがネット上では「道の駅での車中泊は絶対ダメ」や「公共の休憩施設なんだから車中泊はいいだろう」とちょっとした論争になっています。

最近、自分もよく道の駅で車中泊するのですが、そもそもこの問題についてよく理解してませんでした。今回はそんな「道の駅での車中泊」について調べた記事となります。

目次

道の駅とその目的

国土交通省のサイトによると道の駅とは、一般道路にも安心して自由に立ち寄れる快適な施設、高速の道路で言うところのサービスエリアやパーキングエリアになります。道の駅の目的としては1・道路利用者への安全で快適な道路交通環境の提供、2・地域の振興や安全の確保に寄与と書いてあります。

1・道路利用者への安全で快適な道路交通環境の提供

具体的にどういう事かと言うと24時間、無料で道の駅施設(駐車場やトイレなど)を利用出来る環境を提供するという事です。また周辺の道路情報なども提供しています。この環境を提供してくれるのは主に道路管理者または市町村です。

ドライバーが運転で疲れた時などに気軽に使う事の出来る休憩施設ですね。こういった施設がある事によって車旅が気軽に出来るし、仕事で運転されている長距離トラックドライバーなどの方々も助かっているそうです。

2・地域の振興や安全の確保に寄与

上記の理由だけだと市町村など道の駅を作るメリットがないですよね。なので道の駅ではその地域の特産物などを販売したり、周辺の観光スポットなどを紹介したり、その地域の文化施設を建てることより地域の活性化を図っています。また災害時には地域の避難場所ともなり、防災機能としての目的もあります。

自分も旅する時はとりあえず道の駅へ行って、どこを観光しようか考えます。その地域の情報が集まる場所なので車旅をするにはもってこいの場所と言っても過言ではないかと思います。

〇道の駅とその目的まとめ

  • 高速道路で言うところのサービスエリア、パーキングエリアの一般道路版
  • 管理者は主に道路管理者や市町村
  • 24時間、無料で駐車場やトイレが使用出来る
  • 地域の道路情報や観光情報が集まる場所
  • 地域の特産物を販売したり、その地域の文化施設を建てることにより地域の活性化を図っている
  • 災害時には避難場所となったりするので、防災機能としての目的もある


公式サイトはこちらから

道の駅・車中泊問題

車中泊(リンクはWikipediaへ飛びます)とは一般的に「車中」で「泊まる」行為をさした言葉です。ですので車や電車の中で泊まる行為です。それに対して「宿泊」(リンクはweblio辞書へ)とは旅先などで「泊まる」行為をさします。

ただこの「車中泊」と言う言葉なんですが、団体や媒体で定義にバラツキにある様です。また「宿泊」の定義もマチマチで自宅以外に泊まることなどという見解もあります。この辺が道の駅での車中泊問題で見解が分かれる原因でもあります。

「車中泊」も「宿泊」も定義があいまいである以上、個人の見解となると思います。そうなると国はどうこの問題を捉えているか?になると思うのですが、国土交通省の公式サイトには次の様な説明がなされています。

国土交通省の見解

道の駅は休憩施設となる為、駐車場などの公共空間での宿泊目的の利用はご遠慮いただいます。
もちろん「道の駅」はドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用出来る休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことは構いません。

どうでしょう?パッと見た感じなんかあいまいに感じませんか?「宿泊」はダメで「仮眠」はOKという事なんですが、では「仮眠」の定義はなんなのでしょう?Wikipediaによると短時間の睡眠との事です。

しかしこの「仮眠」という言葉も定義はあいまいだと思います。具体的に何時間というのは人それぞれであると思うし、すごい疲れて道の駅に到着し、仮眠をとったとして起きたら8時間過ぎていたらこれは仮眠ではなく、宿泊になるのでしょうか?

っと書いていてキリがないなと思いました。言葉の定義もあいまいで解釈も人それぞれである以上、この問題は国土交通省の見解である「道の駅が目的の車中泊又は宿泊」でなければ自分の車の中で寝る分にはいいんではないですかねと個人的には思っています。

〇道の駅・車中泊問題

  • 「車中泊」や「宿泊」又、「仮眠」の言葉の定義があいまいであり、解釈も人それぞれ
  • 言葉のあいまいさが道の駅での車中泊問題になっている部分がある
  • 国交省の見解は「宿泊」はダメだが「仮眠」はOK
  • 個人的見解にはなるが道の駅を目的とした車中泊又は宿泊でなければ、自分の車の中で寝る分には良いかと思う


アイテム豊富!
車中泊グッズはオンリースタイル!

なぜ車中泊禁止の道の駅があるのか?

まず前提として国土交通省の見解からしても宿泊目的でなければ道の駅での車中泊すること自体は違法ではありませし、道の駅側が制限をかけることは「道の駅」の定義から外れる事になります。なので「車中泊禁止」を掲げている道の駅は道の駅と名乗ってはいけない事になります。

国土交通省の道の駅の定義は24時間何時でも休憩、仮眠などが出来る施設ですので、そこに制限をかけるともはや道の駅では無くなるのです。24時間使用出来る様にしているのは「交通事故防止」する目的があります。

運転していて眠くなって道の駅によったら車中泊禁止だった場合、眠い中また新たに車中泊出来るスペースを探さなければなりません。これってかなり危険な行為ですよね…。

道の駅の車中泊禁止を撤回させる運動をしている「にんにん」さんというyoutuberの方がいらっしゃいます。その方が法的に車中泊禁止の道の駅は違法ですという動画を出していますので参考にして下さい。

↑にんにんさんの「車中泊禁止は違法だ」動画

さて、道の駅が「車中泊禁止」の制限をかけることは違法行為だと上記の動画を見てもらえばわかるかと思いますが、道の駅側もやも得ず禁止と掲げている場合があります。

それは利用者のマナーが悪い為…。道の駅の駐車場に車を放置して長時間どっか出かけたり、あるいはそこで車上生活したりする方がいらっしゃるそうです。また民家が近かったりする場合も車中泊禁止を掲げている所が多い様です。

それ以外にも道の駅でゴミを大量に捨てたり、駐車場内でキャンプ行為したり、トイレで魚さばいたりと聞いた感じだと「ホントかよ…」と思う様な事が実際、道の駅内で起こっています。

「無料=何しても良い」という訳ではありません。お互いが気持ち良く使えているのであれば車中泊禁止にする道の駅は無くなっていくはずです。道の駅で休憩、仮眠するのであれば、使わせて頂いている気持ちを忘れない事が大事だと思います。

しかし上記で書いた通り、道の駅が利用者のマナーが悪いから車中泊禁止にする事は別問題だと個人的には考えます。車中泊禁止にする事で交通事故を誘発する可能性があるので、道の駅を名乗るのであれば「車中泊禁止」という文言は撤回するのが筋かと思われます。

〇なぜ車中泊禁止の道の駅があるのか?まとめ

  • 前提として道の駅での車中泊は宿泊目的でければok
  • 道の駅が車中泊禁止や使用時間に制限をかけるのは違法
  • 車中泊禁止を掲げている所は大体が利用者のマナーが悪いから禁止にしている
  • 利用者側が無料で使わせて頂いている意識を持つことが重要
  • 道の駅の車中泊禁止と利用者のマナーが悪いのは個人的には別問題だと思う
  • 道の駅を名乗るのであれば「車中泊禁止」と文言は変えるべき

道の駅での車中泊・個人的見解

道の駅で車中泊するのであれば、マナーを守り迷惑にならない(混雑してない)時間帯に行き車中泊し、朝早く出ていくのであれば何ら問題はないと個人的には思っています。ベストとしては道の駅の営業終了時間の1時間前あたりに行き、道の駅で食事や買い物をしてから車中泊させてもらうのが1番良いでしょう。

しかし道の駅は無料で使えるが故、思わぬトラブルが発生する事もあります。例えば深夜に暴走族が集まってきてドンチャン騒ぎしたりする事が場所によってはあります。ですのでトラブルが起こりそうになった時にすぐに運転が出来る状態である事が望ましいと思います。

自分は車中泊の時に大体、お酒を飲んでしまうのでこういった場合はアルコールが抜けるまでは運転出来ません。車中泊でお酒を飲む時はRVパークやカーステイを利用しています。決して有料施設に誘導している訳ではなく、車中泊でお酒を飲む方にとっては道の駅より有料施設の方が安全という事です。

道の駅で車中泊するのであれば、お酒は飲まない事を心掛けた方が良いと思います。インターネットなどで道の駅の情報が調べられるとはいえ、知らない土地では何があるかわからない事を頭の片隅に入れておいた方が良いでしょう…。

〇道の駅での車中泊・個人的見解まとめ

  • 道の駅の車中泊はマナーを守り、迷惑にならない時間帯に車中泊し、朝早く出ていくのであれば何ら問題ない
  • ベストとして道の駅営業時間終了の1時間前に行き、食事や買い物をしてから車中泊するとより良いと思う
  • 道の駅は無料で使用出来るが故、トラブルが発生する場合がある
  • 道の駅で車中泊するのであればトラブルに対処できる様、すぐに運転出来る状態にしておくのが望ましい
  • 車中泊でお酒を飲むのであれば、有料施設を使用した方が安全

まとめ

個人的は道の駅での車中泊禁止についての論争は言葉の定義があいまいだし、国が「宿泊目的の利用」でなければ仮眠は良いと言っているので、決着が着いている様に思います。

道の駅側もやも得ず車中泊禁止にしてしまった所もありますが、「車中泊」って言葉もあいまいだし、取りようによってはその車中泊の中には仮眠も含まれる訳で、そうなると24時間無料で使用出来るはずの「道の駅」という定義から外れてしまいます。

ただマナーが悪い方が一定数いるのも事実ですし、車中泊禁止にしたい気持ちもわかりますがマナーと車中泊禁止は別問題です。

上記で紹介した「にんにん」さんのyoutubeチャンネルでは車中泊に関しての様々な動画が上がっています。車中泊をよくされる方は1度見てみると良いかと思います。とても勉強になるし、道の駅の車中泊禁止撤回活動にはホント頭が下がります。

道の駅での車中泊は禁止ではありませんが、マナーやモラルを守る事で無料で使用させて頂いてる道の駅に対する恩返しだと自分は思っています。あくまでも道の駅で車中泊する方は「使わせて頂いている」と気持ちを持つ事が必要ではないでしょうか?



車の中に泊まって快適&節約旅行!

-キャンプ・旅,
-,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.