主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅

【旅】東京に近い道の駅を巡る

投稿日:

注:この記事は「東京の山岳地帯をまわろう」の後編になります。主に道の駅の紹介なのでこちらだけ見ても特に問題はありませんが、前半の話をふまえて書いてますので、見てもらうとしっくりくるかと思います。

↓前半の記事

山梨県の道の駅でお風呂に入り、奥多摩湖周辺の無料駐車場へ戻ってきたのが午後5時半過ぎ…。ここで車中泊しようと思っていたのですが、何やら駐車場内でイカつい兄ちゃん達が車から出て話し込んでいました^^;

泊まっている最中に変に絡まれてもイヤだし、何よりお酒を飲んで車中泊したかったので、もっと安全にゆっくり出来る所をネットで探しました。

検索した結果、お風呂に入った山梨県の道の駅・こすげ(前半記事参照)と同じくらいの位置にもう1つ道の駅がありました。今いる所よりかは安全に車中泊出来るだろうと思い、都外ですが緊急避難という事でそちらへ向かいました。

目次

道の駅・たばやま(山梨県)

↑道の駅・たばやま

という事で奥多摩湖の「水と緑のふれあい館」(前半参照)から約30分かけて「道の駅・たばやま」(リンクは公式サイトへ)へやって来ました。残念ながら17時でお土産屋などは営業時間が終了してしまうので自分が行った時にはやってませんでした…。

こちらは約40~50台ほど止められ、道の駅の前にはガソリンスタンドがあります。周辺にはキャンプ場などもあります。コンビニはないので車中泊する時はこちらで食事をしないのであれば、どこかから持ち込むしかないですね…。自販機はありますがお酒は売っていません。

↑吊り橋

道の駅の奥に吊り橋があり、そこを渡ると温泉施設があります。温泉は18時受付締切で19時まで営業しています。「のめこいの湯」というそうで、こちらの方言で「つるつる、すべすべ」という意味だそうです。

↑温泉施設入口

自然に囲まれているのでとても気持ちが良いですね。ちなみにアイキャッチ画像(記事の1番上の写真)も吊り橋から撮った写真になります。自然に囲まれているので夜は街灯がありませんので結構、暗いです。また野生の動物なども降りて来ることがあるとの事。

ここで平日に車中泊しましたが、入ってくる車も少なく朝に確認したら自分以外に2台しか泊まってませんでした。平日に車中泊するには穴場かも知れません。またトイレがキレイなのもとても良いポイントかと思います。ウォシュレットも付いているので至れり尽くせりな感じですよねです。

↑車中泊飯

とても静かな中、ポケットWifiで映画を見ながらお酒と車中飯を楽しみ、一夜を過ごしました。都会で疲れた身体を癒すにはとても良い道の駅です。正直、また行きたいですね。

○場所

〒409-0300

山梨県北都留郡丹波山村778-2

道の駅・みとみ(山梨県)

道の駅・たばやまで車中泊した朝、来た道を帰ってもつまらないなと思い、どうせなら山梨県の甲州方面に降りてから埼玉県秩父に出てから東京に帰ろうと考えました。しかしこれは正直、失敗でしたね…。

というのも道の駅・たばやまから甲州方面へ行くにはかなりの山道を走らなければなりません。自分の車は軽キャブコンで車体が重く山道は全然、速度が出ません。場所によって20kmくらいしか出ないんですよね…。朝なので車通りがなかったから良かったですが、軽などパワーのない車やキャンピングカーの様に車両重量がある車のにはこの山道はキツいと思います。

↑道の駅・みとみ

そんな事を思いながら道の駅・たばやまから約1時間半かけて埼玉県近くの山梨県内「道の駅・みとみ」(リンクは公式サイトへ)に着きました。こちらは大型車含めて約100台ほど止める事が出来ます。

営業時間は午前9時~だったのですが、自分が行った時はやってなかったです。午前9時も過ぎてるし、定休日でもないはずなのですが開いてなかったですね…。平日はこういう事がある様ですね…(._.)

↑トイレ

お土産屋などは開いてなかったですが周りを散策。まずトイレを確認したのですが、正直こちらは中は汚かったです…。気にしない方は気にしないかも知れませんが、潔癖症の方はまず無理かと…。個人的に言わせてもらうとトイレがこんな感じたと車中泊はしたくないかなと思いました。

↑ドックラン

この道の駅にはドックランがあり、遊具や広さもそこそこあるので愛犬と一緒に旅されている方には良いかも知れませんね。他にも渓谷や釣り場や温泉も周辺にはある様です。また個人的に良かったポイントとしてホットスナックの自販機があった事。

↑ホットスナック自販機

道の駅のお店が空いてない時間や小腹がすいた時に軽食が食べられるのは道の駅としては良い点ではないでしょうか?

後日、ネットで調べたのですが自分が行った時はコロナの影響で臨時休業していた様です。営業再開されればトイレなどもキレイになるかも知れません。また今度リベンジしたいと思います。

○場所

〒404-0201

山梨県三富川浦1822-20



契約縛り・違約金なし!
今話題の無制限クラウドWi-Fiをレンタル

道の駅・大滝温泉(埼玉県)

道の駅・みとみから「雁坂トンネル有料道路」を通ると埼玉県秩父方面に出れます。この有料トンネルは普通車で¥740、軽自動車で¥590(2020年7月15日現在)と高いです…。ですがまた奥多摩方面へ山道を通って行き、秩父方面へ出ると時間がかかるし、山道は自分の車ではパワー不足で怖かったので素直にこちら通りました。

ちなみにこちらの有料トンネルはETCレーンやクレジットカードでの支払いは出来ません。現金のみの支払いとなりますので注意が必要です。

↑道の駅・大滝温泉

道の駅・みとみからトンネルを通って約40分ほどで「道の駅・大滝温泉」(リンクは公式サイトへ)へ着きました。こちらは大体ですが40~50台ほど駐車出来る様です。駐車出来る所が屋根がある所(上記の写真)や川を背にして駐車出来る所があり、道の駅としては珍しいと思いました。

↑場内案内図

道の駅内には資料館やお土産屋、温泉、道の駅に入る道路沿いにはコンビニがあり、道の駅からでもアクセス出来ます。トイレもキレイでしたね。手ぶらで車中泊しに来ても何とかなってしまうのは魅力かと思います。しかし自分が行った時(2020年7月15日現在)はコロナの為、場内の車中泊は禁止との事です。

↑資料館入口
↑道の駅内・日帰り温泉施設

他にも道の駅周辺には宿泊施設やサイクリングパーク、秩父湖やダム資料館などがあります。場所的には埼玉県の端で山の中です。東京からだと車で下道で約3時間半ほどかかります。埼玉県を通って山梨県を旅する時にはお世話になりそうですね。

○場所

〒369-1901

埼玉県秩父市大滝4277-2

車では行くな・五常の滝(埼玉県)

道の駅・大滝温泉に行った後、さすがに1つくらい観光地をまわりたいなと思い、ネットで調べて見つけたのがこの「五常の滝」です。なぜここには車で行かない方がよいかと言うとまずナビを見ても場所がわかりづらい…。

幹線道路のワキに滝の受付へ行く小道があるのですが、これがわかりづらい。看板などの案内が出てるワケでもないのでホントわかりづらいです。自分は30分くらい周辺をウロウロしてようやく見つけました。

っで入って無料駐車場まで行ったけど開いていない。公式サイトでは月曜日以外は開いているとの事なんですが受付が開いてないんですよね…。入口の横に恐らく滝へ行く山道があるのですが、車を入口の片隅に置いて歩いてちょっと散策したのですが、ネットに載ってる観光地だけあって何台かその山道を車で登ってくる方がいました。

そもそも普通車が1台通れるぐらいの山道でワキにはちょっとした崖…。すれ違いなんて絶対出来ない様な細さなんですよね…。恐らく無料駐車場に車を置いてこの山道を歩いて登るのが正解なんですが、どこにも書いておらず車両進入禁止の表記もない…。

なので管理する人がいない状態で車で山道を登るのも歩くのもとても危険です。もし車で来て受付が開いてないなら迷わず帰る事をオススメします。バスで近くまで来るか西武池袋線武蔵横手駅から徒歩で30分の所なので徒歩の方が良いかと思います。とにかく何度言いますが幹線道路から受付まで行く道がわかりづらいので車で来るのやめた方がよい様に思いました。

○場所

〒350-1257

埼玉県日高市大字横手

まとめ

最後はちょっと残念でしたが東京から山梨、埼玉をまわる旅はこれで終了です。総合的な感想ですが行って良かったですね。ちょっと東京を出てしまいましたが基本、山だしどこかによると言っても道の駅(しかも開いていない)でマスクなどの対策をちゃんとすればコロナ感染も大丈夫かと思います。

今年の夏は特に都民はコロナ感染者が多く、どこにも行けない感じですが、それなら発想を変えて東京近辺の山岳地帯を回ってみてはどうでしょうか?どこへも行けないフラストレーションを溜めるよりかは遥かに良いかと思います。

また高速のサービスエリア巡り何かも良さそうですよね。自分も旅の最後にサービスエリアでビフテキ丼を食べて〆ました。

↑ビフテキ丼

今年は地方へ行くと思わぬトラブルに見舞われる可能性もありますのでこの際、自分が住んでいる都道府県を改めて隅から隅まで旅するのがいいのかも知れませんね。



車中泊でも使えるアウトドアグッズ

-キャンプ・旅
-, ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.