主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

キャンプ・旅

【旅】東京の山岳地帯をまわろう

投稿日:2020年7月19日 更新日:

現在、コロナの影響で他県への不用な外出は自粛になっていて旅に出られない状況です。しかし折角、今年の3月にキャンピングカーを納車したのに何処にも行けてない事に対しての不満が爆発し、何も考えず仕事の休暇をとってしまいました。

休暇をとったのは良いけど他県には行けないし、東京には道の駅は1件しかなく車中泊出来る場所もないしなぁー、なんて思ってたのですが、色々と調べてた結果、東京都の端にある奥多摩方面なら車中泊スポットがあるとわかったのでそちらに出かけてみました。今回はそんな「東京都」の旅の記事となります。

目次

道の駅・八王子滝山

まず東京都唯一の道の駅「八王子滝山」(リンクは公式サイトへ)に行きました。大体こちらに到着したのが平日の朝9:30位だったのですがほぼ駐車場はいっぱい…。東京都唯一の道の駅だけある事と八王子ICが近くにあるので混雑する様ですね。

ネットで確認するとこちらでの車中泊は上記の理由で混雑するのであまり向いていない様です。駐車場が2つあり、建物からちょっと離れた第2駐車場は午後8時で閉鎖されてしまいます。第1第2駐車場合わせて約100台ほど駐車出来ます。

2007年に開駅した様でわりと新しめの道の駅だそうです。トイレはとても綺麗でウォシュレットが付いています。売店やフードコートは午前9時からやっているので他の道の駅と比べると早く開いていて助かりますね。丁度、朝飯を食べていなかったのでこちらのフードコートで「八王子ラーメン」を頂きました。

↑八王子ラーメン

中華そばに甘めの玉ねぎがトッピングされているラーメンです。やはり玉ねぎがアクセントとなっているので普通の中華そばよりかは美味しかったですね。値段は¥670(2020年7月14日現在)

↑フードコート外

フードコートは外にも席があり、晴れていれば景色を見ながら食事が出来るようです。残念ながら自分が行った時は雨が降っていたので外には出られませんでした。

○場所

〒192-0011

東京都八王子市滝山町1-592-2

秋川渓谷

↑秋川渓谷

道の駅・八王子滝山から30分ほどで到着する「秋川渓谷」です。写真だとあまり「渓谷」って感じてはないですがもっと奥へ行けば山に挟まれた川がある様です。時間の都合上、自分はここを見て次へ行ってしまいました。

周辺には「十里木ランド」という川遊びやキャンプが出来るところがあり、自然に囲まれていてとても良い場所ですね。その「十里木ランド」のすぐ横に無料の駐車場があり自分はそこに車を止めて散策しました。

↑秩父多摩甲斐国立公園・十里木駐車場

こちらの駐車場は無料で止められてトイレもあるので車中泊するには良いかも知れません。近くに温泉もあるので穴場の車中泊スポットですね。また今度、来ようと思いました。

○場所(秩父多摩甲斐国立公園・十里木駐車場)

〒190-0173

東京都あきる野市戸倉1376

払沢の滝

秩父多摩甲斐国立公園・十里木駐車場から約30分ほど車で走った所にある「滝」です。場所的には檜原村になります。こちらは車で滝前までは行けず、入口から10分ほど山道を歩く事になります。結構な山道なのでしっかりした靴をはいて行った方が良いと思います。

滝までの山道の途中、喫茶店と郵便局があるのですが自分が行った時はどちらもやってなかったですね…。平日だったからかも知れません。滝の目の前に付くと屋根の付いた休憩所があります。自分が行った時は平日の午前中だったので誰も居ませんでした。

↑休憩所

おっさんの自分にはかなり大変な山道でしたが滝を見に来たかいがありました。も〜、マイナスイオン全開って感じでとても気持ちが良いです。滝自体の高さも結構あり、勢いも凄いので見る価値アリです。写真でそれが伝わらないのが残念です。

↑払沢の滝

ここは無料の駐車場があり25台ほど止められて、入口にはトイレがあるので車中泊にも良いかも知れませんね。ただ無料駐車場は坂に対しての直角に止める駐車場ですので、車がどちらかに傾きます。ちょっと寝るには厳しいですかね…。

↑払沢の滝入口・トイレ

○場所

〒190-0214

東京都西多摩郡檜原村本宿



契約縛り・違約金なし!
今話題の無制限クラウドWi-Fiをレンタル

奥多摩湖

↑奥多摩湖

払沢の滝からだと大体、車で約1時間。奥多摩湖へ行きました。奥多摩といえば「奥多摩湖」が1番有名な観光地ではないでしょうか?奥多摩湖周辺には無料駐車場も多く、車で観光に行くには最適かと思います。

奥多摩湖の周辺には東京都水道局の「水と緑のふれあい館」があり、奥多摩湖の四季折々の景色や小河内ダム歴史などをみることができます。またこちらは拝観料は無料でお土産コーナーや奥多摩湖を見ながら食事が出来るレストランがあります。

↑水と緑のふれあい館

車から降りて奥多摩湖周辺を散策し、こちらのふれあい館へ行きました。行った時はお昼を過ぎていたのでこちらで昼食を頂きました。せっかくここまで来たので清流定食を頂きました。清流定食は魚のニジマスの唐揚げとヤマメの梅しそ揚げと季節の野菜天ぷら定食です。お値段は¥1,100(2020年7月14日現在)

↑清流定食

ちなみにこちらには限定メニューの小河内ダムカレーがあり1日限定20食だそうです。自分が行った時は平日の午後2時半くらいでしたがもうありませんでしたね(T_T)

奥多摩湖の近くに展望台もある様なのですが、また山道を歩かないと行けなかったので今回は断念しました。展望台から出なくても十分、見晴らしは良いと思います。また秋の紅葉時期にきたいですね。

○場所(水と緑のふれあい館)

〒198-0223

東京都西多摩郡奥多摩町原5

道の駅・こすげ(山梨県)

奥多摩湖の水と緑のふれあい館から約30分ほど山道を車で走ると道の駅・こすげ(リンクは公式サイトへ)につきます。本当なら他県には行かないつもりだったのですが、山道を歩いて汗をかいたのでどうしてもお風呂に入りたかったんですよね…。

そこで奥多摩湖周辺でお風呂を検索したら、こちらが出できたのでお風呂に入って帰ってこようと思い、思い切って行ってみました。さすがに平日なので道の駅の利用者は少なかったです。

土日などではヤマメの塩焼きなどが露店売っているそうなのですが、自分が行った時はやってなかったですね…。まぁ、この辺は平日に旅をしているからしょうがないですね。気を取り直してお風呂へ行きます。

↑小菅の湯

丁度、道の駅の反対側に温泉施設があります。利用料金は大人¥750、子供¥400(2020年7月14日現在)また現在はコロナの影響で午後6時までの営業との事。こちらはシャンプーやボディソープは備え付けてあります。タオルセットは¥200で買えるとの事。またサウナや露店風呂も3つあり結構、面白い温泉でした。

○場所

〒409-0221

山梨県北都留郡小菅村3445

まとめ

ちょっと東京を出てしまいましたが、個人的な感想として東京でも十分楽しめるなと思いました。こういう感じだったら納車してからすぐ行けば良かったなと思います。イメージとして「旅」って聞くと他県へ行く感じですからね…。東京を回ろうという発想はありませんでした。

東京の山岳地帯でも自然に囲まれていて、田舎感もあるし都会での疲れを癒すにはとても良い様に思えました。まだまだ鍾乳洞など観光スポットあるのでまた次回、行ってみたいですね。

お風呂に入った後、奥多摩に戻り無料駐車場で車中泊をするつもりだったのですが、トラブル発生。初めての車中泊でお酒も飲みたかったので、この後より安全な寝床を探すのですがそれはまた次回…。



車の中に泊まって快適&節約旅行!

-キャンプ・旅
-,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.