主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

機材等 鍵盤

【イヤホン】AVIOT TE-BD21f

投稿日:2019年9月13日 更新日:

前に使っていたワイヤレスイヤホンが何故か左だけ聞こえなくなり、「もう2年近く使ったから寿命かな…」っと思って新しいモノを買う事にしました。ネットで探しているとなんとハイブリッドドライバーの完全独立型ワイヤレスイヤホンがあるじゃないですか…。価格も以前買ったモノより安い。「これは買いだな」っと思って何も考えずポチりました。

↓過去記事でBluetoothイヤホンについて解説しています。

イヤホンに音が飛んでくる?

よく見たらお取り寄せ商品となっており頼んでから半月ほどして手元に届きました。オーディオマニアにはかなり人気の商品の様で現在も品薄状態です。それはそうですよね、ハイブリッドドライバーのワイヤレスイヤホンはこれが初めてな訳ですから…。今回はそんなイヤホンのレビュー記事になります。

イヤホンの詳細

ドライバーハイブリッドドライバー
(ダイナミック型✕1
バランスアーマチュア型✕2)
再生周波数20hz~20khz
重量約5.4g
通話用内蔵マイクあり(MEMSマイク)
最大通話時間5時間
最大再生時間7時間
充電時間約2時間
充電ポートUSB Type-C
対応コーデックSBC,AAC,apt-x
Bluetooth
バージョン
5.0
防水規格IPX5

付属品

↑付属品
  • USB Type-C
  • 標準イヤーピース(各サイズ1色1サイズ)
  • SpinFit CP355(各サイズ1ペア)
    ↑【イヤーピース】
  • 紛失防止ストラップ
  • クリーニングクロス
  • 収納ポーチ
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード

音質

やや中高音域より。高音のキンキンなる感じはないです。ダイナミックドライバーを積んでいる割には低音の迫力が足りないです。やはり大きさが足りないからなのか低音域が物足りない…。ロックなどの低音重視の曲を聞くには向いてないように思えます。

低音域が足りないものの全体が綺麗に聞こえるので解像度は良い。楽器の残響音や部屋鳴りなどもしっかり聞こえるので、クラシックやジャズなどを聞くには良いかと思います。但し若干、不自然に感じるところも…。ハイブリッドドライバーのデメリットである各ドライバーが鳴らしている帯域の切れ目が不自然に感じられます。

例えば女性ボーカルの曲などではボーカルが少し前に出過ぎてる感じに聞き取れます。もうちょい低音が出てくれればバランスが取れると思うですけどね…。なんでしょう?奥行きが感が足りないから不自然に聞こえるのかも知れません。

どちらかと言うとリスニング用のイヤホンではなくモニター用のイヤホンですかね…。ワイヤレス初のハイブリッドイヤホンって事で少し期待し過ぎた感はありますが、個人的に音質は値段の割には良い音かと思います。

使用感

ケースの蓋が完全に開ききらないからイヤホンを取り出す時は若干、不便。止まって取り出すなら大丈夫ですが、歩きながら取り出すとイヤホン本体を落とす可能性があります。

↑これ以上、開かない

装着感はまあまあですかね…。装着して重いとは感じません。しっかりと耳に装着すれば歩いている分には耳から落ちないです。ランニングしながらの聞く場合は素直に紛失防止のストラップにつけた方が良いでしょう。

ケースから出せばイヤホンの電源がONになりペアリングしていれば直ぐに繋がります。逆にケースしまえばoffになり勝手にBluetoothが切れるのでその点は便利。

↑イヤホン電源スイッチ

イヤホン本体のボタン長押しで早送りやペアリングなどができ、秒数で操作が変わります。長押しの秒数は案内音が出るのでわかり易い。秒数に応じて「ピッ」となります(2秒なら「ピピッ」)

これは自分の買ったモノだけかもしれませんが、4秒間長押しでケースに入れなくても電源が切れる様なのですが自分が買ったものは出来ませんでした。まぁ、ケースに入れればイヤホンの電源は切れるのだから問題はないんですがね…。

※追記(2019年11月13日)

購入してから2ヵ月、外に出る時はずっとこのイヤホンを付けてます。充分にエージングも出来てると思いますがやはり低音の迫力には欠けます。エージングしてもロック系の低音重視の音楽には向かないです。

また、たまにですがBluetooth接続すると音が小さかったり左と右で半音位ズレて流れる場合がありました。以前使っていたワイヤレスイヤホンではこんな事はなかったのでこのイヤホンの仕様かと思われます。Bluetooth接続を繋ぎ直せば元に戻るので使用には問題はありません。

まとめ

個人的には期待し過ぎた感は否めません。人気なので品物が届くのが遅かった分、余計にそう思ってしまいました。確かに解像度が高く綺麗には聞こえるのですが、ちょっと不自然…。自分はよくロック系の音楽を聞くので、このイヤホンで聞くと物足りなさを感じます。なんと言うか立体的に聞こえてこないんですよね…。

ですが完全独立型のワイヤレスイヤホンでいてハイブリッドドライバー型。ケースから取り出せば電源ONになるのは使い勝手が良いです。スマホがAndroidなら「apt-x」が使用出来るのも大きいメリットだと思います。そして決して音質が悪い訳ではありません。これは好みの問題かと思います。

価格も2万円いかないモノなので自分が5段階評価するならば4ってところですかね…。他のワイヤレスイヤホンなら、この音質ならば後1万はかかってもおかしくないと思います。

2万円以下でモニターライクのワイヤレスイヤホンを探している、あるいはクラシックやジャズをよく聞く方には良い商品です。初のワイヤレスハイブリッドイヤホンなので現在も人気で品薄状態なのですがお1ついかがでしょうか?

-機材等, 鍵盤
-

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.