主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

VAPE アトマイザー

【RTA】Exvape ・Expromizer V5 MTL RTA

投稿日:

これも前々から欲しかったアトマイザーシリーズなんですよね。だけど価格が若干、高めなので見送っていて、お金に余裕がある時にはもう品切れで購入できないという個人的には因縁?のあるアトマイザーです。今回の「V5」でようやく手に入れることができました。

ハイエンドアトマイザーの様な見た目もよし、機構的にも色々と考えられているアトマイザーの様です。今回のモノで第5弾ということで、今までのモノを良いとこ取りしているとの事。これは断然、期待値は高いのですが、果たしてどの様なアトマイザーなのか楽しみです。



ベプログショップ

VAPE喫煙の注意点

・VAPEは成人を対象にした嗜好品です。

・嗜好品ですのであくまで自己責任で吸って下さい

・喫煙ルールを守って吸いましょう。

・ニコチンリキッドは海外から個人で使用する場合のみ個人輸入出来ます。販売、譲渡は法律違反ですので絶対にやめましょう。

 

目次

  1. 購入ショップ
  2. アトマイザー詳細
  3. 内容品
  4. デッキ
  5. エアフロー
  6. 個人的に良かった点
  7. 個人的に悪かった点
  8. まとめ

1.購入ショップ

※2021年11月19日現在・売り切れ

このアトマイザーは岡山県井原市に実店舗がある「オフィスエッジ」で購入しました。こちらはハイエンド商品やPod商品、CBDリキッドなども売っているので初心者から上級者まで幅広く対応しているVAPEショップです。

このショップはアトマイザーの種類が多いと思います。オーセンティックからハイエンドアトマイザーまで販売しているので、初心者~上級者まで幅広く対応したVape商品が販売されているかと思います。またアトマイザーの予備パーツなどもあるので使い勝手が良いです。

オンラインショップは24時間受付しています。平日の早い時間帯(午前中)に注文すれば、当日発送して頂ける様です。モノにもよりますがメール便でも配送可能。また前払い、後払いや「Apple Pay」などにも対応しているので支払い方法も充実しています。

2.アトマイザー詳細

ブランド名Exvape
直径23.5mm
全長40mm
(ドリップチップ無し)
54mm
(ドリップチップ有り)
容量2ml
材質ステンレス
ドリップチップ510規格
コイルシングルRBA
エアフローボトムエアフロー
(エアフロー口はトップ)
リキチャトップフィル
スレッド510規格
カラー
バリエーション
5種類
・BRUSHED
・GUNMETAL
・SANDBLAST
・BLACK
・POLISHED

↓カラーバリエーション

3.内容品

  • Expromizer V5 RTA本体
  • スペアガラス×1
  • アクセサリーパック×1
    (予備ネジ+Oリング)
  • プレビルドコイル×1
  • コットン×1
  • プラスドライバー×1
  • ユーザーマニュアル×1

4.デッキ

デッキはポストあり、プラスネジでコイル足を挟み込むクランプ式です。デッキ幅も割とあるのでコイルの設置で神経を使うこともないかと思います。ヒューズドクラプトンなどの平べったいワイヤーは無理ですが、細めのクラプトンワイヤーとかでも設置できる幅かと思います。

↑画像出典:exvape公式サイト

アトマイザー自体は細かく分解できるので洗浄もしっかりできそうです。またデッキにはジュースホールが両サイドに3つ開いており、チムニーを回すことによって、閉めたり開けたりできるのでリキッドの供給量を調整できます。吸わない時はジュースホールを閉めることにより、リキッド供給をストップさせることができます。
(こうすることにより、コイル下の空気流出口にリキッドが入らず、吸った時のジュルジュル感が無くなる)

リキチャはキャップを回しきるとズラすことができ、リキチャホールが出てきます。キャップはしっかりと閉めることができますので、ここからリキッドが漏れる心配はないです。

5.エアフロー

↑画像出典:exvape公式サイト
↑チムニーの横側から空気を送る

エアフロー口(空気流入口)はアトマイザー上部に付いており、チムニーの横を通り、コイル下側から空気を当てるボトムエアフローとなっています。なので下側にエアフロー口があるボトムエアフローアトマイザーの弱点であるリキッド漏れがないのが特徴です。

↑見えずらいですが無段階エアフロー
↑逆側に1mmの穴が6つ空いている

エアフロー口(空気流入口)は無段階と逆側に1mmの穴が6つ空いています。キツキツの吸口から無段階エアフローで軽い吸口も表現できる仕様になっています。MTL用のアトマイザーではありますが、割と高ワットでも使用できそうですね。

6.個人的に良かった点

↑スティック型modにのせてみた

個人的にはボトムエアフローでありながら、リキッド漏れの心配がないところが、かなりメリットに感じました。ボトムエアフローでエアフロー口が下にあるアトマイザーだと、構造上どうしてもコイルの下にある空気流出口に吸い上げたリキッドが入ってしまうですよね…。その点、このアトマイザーはそんな心配はないのでかなりストレスフリーです。

またリキッドの供給量も調整できるし、吸わない時にジュースホールを閉めることにより、次に吸う時にリキッドを吸い上げるジュルジュル感もなくなります。

トップキャップにも工夫があり、こちらもしっかり閉まるので、このアトマイザーはリキッドが漏れることがないと言っても過言では無いです。割と無造作にカバンの中に入れてもリキッドで汚れることはないですね。

あとはやはり見た目が良いですよね。個人的には「EX」の文字がワンポイントでとても良いと思いました。またアトマイザーが割と高さがあるので、スティック型のmodの方がキレイに収まる感じがします。

7.個人的に悪かった点

自分が気になったのが、エアフローの効きが悪い所…。確かに穴を少なくすればキツくはなるのですが、幅が狭いです。エアフロー口を完全に閉めた状態でもどこかから空気が入ってるみたいで、吸えてしまいます。逆に無段階で全開にエアフローを開けても、スカスカになることはなく、全開でも重めのDLって感じですね。

これはエアフロー口をリングでふさいでるので、リングの間から若干、空気が入ってしまっているのではないかと思われます。またチムニーの横の穴が細いのでこれで大量に空気を入れない様にしている様ですね…。なのであくまでも「MTL」用のアトマイザーかなと感じました。

あとは高さがあるので、modを選ぶかなとも思いました。まぁ、付属のドリチが長いのでこれで長く感じるのかも知れません。これも構造上、仕方ないですが容量が2mlしか入らない点…。個人的には3mlは欲しいかなと思いました。トップキャップを回してリキチャをするので若干、手間ではあるんですよね…。その分、漏れないのだから一長一短ですね。

8.まとめ

とても考えられたアトマイザーかと感じました。売り文句に「ハイエンドライクなアトマイザー」とある様に高機構の割には価格は安いかと思います。何よりリキッドが漏れない点に関しては今までにないアトマイザーではないかと感じました。

ただリキッドが漏れないことに重点を置いている気がして若干、その他の部分がちょっと作りが甘いかなと個人的には感じました。やはりエアフローの効きはちょっと気になりましたね…。まぁ、それでもMTL用アトマイザーとしては、文句ない仕上がりだと思います。

Vape経験者としてはMTLや重めのDL用としてのRTAなら1つ持っておいて損は無いアトマイザーかと思います。ボトムエアフローなので味もしっかりと出るし、それでいてリキッド漏れがないので、個人的にはこれからVapeを初める方にオススメしたいRTAです。



VAPE始めるならコレ!!初心はまずこちら
【Beyond Vape Japan】

-VAPE, アトマイザー
-, ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.