主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

VAPE アトマイザー

【RDA】DOVPO × BPMODS・BUSHIDO V3 RDA

投稿日:

今回は前々から個人的に欲しかったRDAのレビューになります。とにかくその名前に惹かれたのですが、以前のバージョンの時は迷ったあげく結局、購入しなかったんですよね…。まぁ〜、若干価格がオーセンティックアトマイザーとしては高めなので、それを理由に他のモノを買いました。しかし今回はしっかりと購入。

以前のモノと比べるとよりシンプルに無骨感が増し、まさに「武士道」って感じです。以前のチムニーに漢字が入ったモノも良かったんですけどね…。ちなみに「BUSHIDO」と言う名のメカスコが「Dovpo」が販売されています。それに合うアトマイザーを「BPMODS」が作ったて感じなんですかね…。とにもかくにも個人的には期待値の高いアトマイザーです。



ベプログショップ

VAPE喫煙の注意点

・VAPEは成人を対象にした嗜好品です。

・嗜好品ですのであくまで自己責任で吸って下さい

・喫煙ルールを守って吸いましょう。

・ニコチンリキッドは海外から個人で使用する場合のみ個人輸入出来ます。販売、譲渡は法律違反ですので絶対にやめましょう。

 

目次

  1. 購入ショップ
  2. アトマイザー詳細
  3. 内容品
  4. デッキ
  5. エアフロー
  6. 個人的に良かった点
  7. 個人的に悪かった点
  8. まとめ

1.購入ショップ


BUSHIDO V3 RDA
¥5,940(税込) by オフィスエッジ

(2021年9月5日現在)

このリキッドは岡山県井原市に実店舗がある「オフィスエッジ」で購入しました。こちらはハイエンド商品やPod商品、CBDリキッドなども売っているので初心者から上級者まで幅広く対応しているVAPEショップです。

アトマイザーなどはその周辺パーツなども販売しているので、タンクの予備やスペアパーツ(Oリングなど)も購入することができるので、かゆいところに手が届くVapeショップでもありますね。オーセンティックアトマイザーのカスタムパーツが売っているショップは、なかなかないのではないでしょうか?

オンラインショップは24時間受付しています。平日の早い時間帯(午前中)に注文すれば、当日発送して頂ける様です。モノにもよりますがメール便でも配送可能。また前払い、後払いや「Apple Pay」などにも対応しているので支払い方法も充実しています。

2.アトマイザー詳細

ブランド名DOVPO × BPMODS
直径22mm
全長33mm
材質ステンレス鋼
ドリップチップ510規格
コイルシングルRBA
エアフローボトムエアフロー
(エアフロー口はサイド)
スレッド510規格
カラー
バリエーション
3種類
・FROSTED SILVER
+GLOSSY SILVER
・DLC BLACK
+GUN METAL
・DLC GLAY
+GENUINE GOLD

↓カラーバリエーション

3.内容品

  • BUSHIDO V3 RDA本体
  • アクセサリーパック×1
    (予備ネジ+Oリング)
  • BFピン×1
  • プレビルドコイル×2
    (Fused Clapton 0.3Ω)
  • レンチ×1
  • ユーザーマニュアル×1
  • ビルドカード(推奨抵抗値が書いてある)

4.デッキ

デッキはポストあり、ネジでコイル足を挟み込むクランプ式です。デッキ幅は写真では小さく見えますが、3mmコイルを設置しても割と隙間があり、コイルジグを置く切り欠きもあるのでビルドで手こずることもないかと思います。プリメイドコイルが0.3ΩのFused Claptonコイルですので、爆煙を意識したアトマイザーかと思います。

↑画像出典:BPMODS公式サイト

ウェルも結構、深いのでリキッドを多めに保持できそうですね。デッキとチムニーは固定できる様になっており、1周回ることはありません。また直径が22mmなのでmodを選ぶことも少なそうです。BFピンも付属品としてついているので、スコンカーでも運用する事もできます。アトマイザー自体は細かく分解できるので、キレイに洗浄できます。

5.エアフロー

↑画像出典:BPMODS公式サイト

エアフロー口(空気流入口)はアトマイザーのサイドに付いていますが、デッキに傾斜が付いており、コイルの下から空気を当てる構造となっています。その為、ウェルが深くなっており、コイルが高い位置に浮いていて、しっかりと味が出そうな構造ですね。

↑エアフローは無段階

エアフロー口(空気流入口)は無段階調整となっていますが、調整はしっかりと効きます。かなり優秀だと思いました。DLのスカスカはもちろん、重めのDL、絞るに絞ればMTLも可能です。なので低ワットでの運用もできそうです。

6.個人的に良かった点

↑トップキャプが開く

このRDAの特徴として、やはりトップキャップが開くところではないですかね。まぁ、個人的にはスコンカー運用で購入したので、メリットとはいえないのですが、普通のmodで運用する場合はかなり大きいメリットだと思います。わざわざチムニーを外してリキチャするRDAが多い中、これは使う側のことをよく考えているなと感じました。

エアフローが良く調整が効く点も良いです。これなら幅広い運用ができるアトマイザーと感じました。またビルドもコイルジグを置く切り欠きや、ポストのネジが大きめのマイナスネジなっているのでビルドしやすく、よく考えられているなと思います。

ウェルが深いので、多めにリキチャしてもリキッドが漏れずらいのも良い点ですかね。特にスコンカーだとデッキを見ずにリキチャする事になるので他のアトマイザーだと多々、エアフローからリキッドが漏れることがあったのですが、これは今のところそういったことがありません。またトップキャプが開くので確認も簡単できるのもメリットかと思います。

何より個人的にはやはり見た目ですね。シンプルなデザインにワンポイントがカッコイイ👍アトマイザー名も「武士道」とその名の通りのアトマイザーでとても気に入りました。

7.個人的に悪かった点

↑PULSE BFにのせてみた

アトマイザー自体は個人的には非常によく出来ていると思っているので、これと言って悪い点はないのですが、しいて言うと価格が若干、高い点ですかね…。オーセンティックアトマイザーとては、¥6,000前後となかなか良いお値段です。まぁ、この価格でハイエンドライクなアトマイザーが買えるなら安いかも知れませんね…。

後もう一点。カラーバリエーションが少ない点もデメリットかも知れません。黒系かシルバーしかないので、人を選ぶかと思いました。まぁ、どのmodにのせても無難に合う色かと思いますが、もう少し明るめの色があっても良かったかな…。「武士道」と銘打っているだけにあまり明るい色はイメージになかったの知れませんね…。

8.まとめ

個人的には期待通りのアトマイザーでした。見た目はシンプルなのですが、使う側のことよく考えられたアトマイザーだと感じます。トップキャップが開くのは今までありそうでなかった機構ではないんですかね。これは以外とスコンカー運用でも役にたちました。

22mmで小さく、どのmodにも無難にあい、しっかりと「RDA」としての機能があり、見た目の無骨さがまさに「武士道」という名にふさわしいと思いました。使ってみてなんと言うかカッコイイと改めて思ったアトマイザーです。

オーセンティックアトマイザーとしては、価格が若干、高めですが「買い」のアトマイザーです。単線でもクラプトンなどの太めのコイルでも、幅広くビルドでき、かつ、ビルドも容易で味も良く出るアトマイザーなので特に初心者にはかなりオススメでした。

↓メカスコ「BUSHIDO」



VAPE始めるならコレ!!初心はまずこちら
【Beyond Vape Japan】

-VAPE, アトマイザー
-, ,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.