主に鍵盤(シンセ)とVAPEとキャンプ・旅のブログです。

音と煙と自然の中で…

ヘッダー広告

スポンサーリンク

雑記

【ラーメン】野方ホープ軒・中野店

投稿日:2019年8月19日 更新日:

昨日はお盆休みの最終日という事もあり、友人と15時くらいから呑みに行きました。早めに呑んで明日の仕事に支障を出さないようにって事だったんですが、結局終わったのが22時半…。結構ベロベロになり駅方面へ歩いてたんですが、歩いていると「野方ホープ」があるじゃないですか…。

昔、環七沿いに住んでた時よく本店には行っていたので久々に食べたくなっちゃたんですよね。正直、この年で呑んだ後にラーメンはキツイですが食べたくなってしまったんだからしょうがない…。店に行こうとしたら友人は無理との事でラーメン屋の前で別れて1人で入りました。

店内

こちらのラーメン屋は食券制でカウンター席が15席程あります。自分が入った時が23時近くでお盆の最終日って事もあってガラガラでした。お店自体は早稲田通り沿いにあり中野駅からも徒歩5分程です。

↑カウンターにある薬味類

薬味も生ニンニクや紅しょうがなどがあり至れり尽くせりですね。ランチタイム(11時~15時)は+¥100でご飯物(チャーシュー丼など)がセットにでき、ご飯、麺大盛りは無料との事。なので昼時は結構、混み合います。またディナータイム(15時~22時)もあり+200円でご飯物やグラスビールや餃子がセットに出来ます。

実食

以前に本店に行っていた時にはなかったマー油と辛味噌ベースの「濃」がありましたが、懐かしさもあって普通のが食べたかったので今回は豚骨醤油の「元」を頼みました。トッピングは呑んだ後なので流石に「全部のせ」はキツイなと思い、「チャーシューのせ」にし背脂の量も普通に…。因みに背脂の量は5段階で選べます。

↑チャーシューのせ・元

待つこと5分程、ラーメンが来ました。スープは豚骨醤油に背脂が入っており濃厚。麺は中太麺でモチっとしている。トッピングは海苔とメンマとネギとチャーシュー。

ここのチャーシュー麺の特徴は2種類のチャーシューが入ってる事です。普通のチャーシュー3枚と炙りチャーシューが2枚。風味の違うチャーシューが味わえるはちょっと得した気持ちになります。個人的には炙りチャーシューの方が美味しかったです。

スープの味が濃いので呑んだ後には最高ですね。麺もモチっとしてて食べ応えがあります。また個人差があるかもしれませんが意外とあっさりしてる様に思えます。油っぽいなって感じる事はありませんでした。

↑完食

ホントに見た目よりあっさりしていてサラッと完食。なんか昔に食べた時よりも美味しくなってる様に思えます。昔、食べた時はもっと油っぽかったと記憶しています。

呑んだ後の遅い時間に背脂たっぷりのラーメンを食べ、スープまで飲み干してしまって確実にメタボ一直線のコースですが最高に良い一日なりました。いやー、寄って良かった。

まとめ

間違いなく呑んだ後に食べるには最高のラーメンだと思います。また食べたくなる味でもあります。個人的には家系ラーメンよりこっちの方が好きですね。

「野方ホープ軒」は都内にチェーン展開しており、吉祥寺や原宿、目黒なんかにもあります。また期間限定メニューなどもありなかなか面白いラーメン屋です。ランチ、ディナータイムに行けばプラス数百円でラーメンとご飯ものなどがセットにできかなりお得だと思います。

それを考えるといつ行っても良いラーメン屋ですが是非、呑んだ後に食べる事をオススメします。罪悪感はハンパないですが呑んだ後に合うラーメンです。1度お試し下さい。

詳細


中野駅北口から徒歩5~6分

営業時間(日~木曜) 11:00~翌2:00
(金・土・祝前) 11:00~翌4:00
定休日無休
(年末年始は休み)
席数15席(カウンター席のみ)
喫煙×(完全禁煙)
駐車場なし
(近くにコインパーキングあり)

メニュー(一部)

のがほ・元¥750
半熟煮玉子入り・元¥850
チャーシューのせ・元¥980
全部のせ・元¥1,000
のがほ・濃¥850
チャーシューのせ・濃¥1,080
全部のせ・濃¥1,100
ランチタイムセット【11:00~15:00】
A・背脂チャーシューごはん
B・餃子(4個)とご飯
C・明太子ごはん
+¥100
ディナータイムセット【15:00~22:00】
A・グラス生ビール
B・ハーフ餃子(4個)
C・背脂チャーシューごはん
明太子ごはん
チャーマヨごはん
炙りチャーシューごはん
(内どれか1つ)
+¥200

(2019年8月18日現在)



宅麺.com

-雑記
-,

Copyright© 音と煙と自然の中で… , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.